特集

徳之島で順調に稼働する「蓄電池併設メガソーラー」

産業向け自家消費型太陽光でも蓄電池併設に取り組む

2020/08/25 05:00
金子 憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

「蓄電池併設型」の先駆け

 固定価格買取制度(FIT)のスタートによって全国にメガソーラー(大規模太陽光発電所)が続々と稼働し、電力系統の安定的な運用に影響を及ぼすケースも出てきている。こうした課題に対応するため、メガソーラーに併設した蓄電池が導入され、稼働し始めている。

 今年7月には、蓄電池併設型メガソーラーとしては、国内最大規模になる「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク 2」が稼働した。太陽光パネルの出力約64.6MW、連系出力は48MW。蓄電池の容量約は19MWh、出力約34MWとなる。

 ソフトバンクグループで再生可能エネルギー事業などを展開するSB エナジー(東京都港区)と三菱UFJリースの設立した特定目的会社(SPC)が事業主体で、EPC(設計・調達・施工)サービスは東芝と東芝三菱電機産業システム(TMEIC)が共同で担った。

 こうした蓄電池併設型メガソーラーの先駆けの1つとなったのが、鹿児島の南南西約500kmに位置する徳之島にある太陽光パネルの出力2.6MW、連系出力1.75MWのサイトだ。2017年3月に連系して運用を開始して以来、約3年半が経過している。

 事業開発とEPC(設計・調達・施工)サービスは、再生可能エネルギーの開発・運営を手掛けるユニバーサルエコロジー(名古屋市西区)が担当した。太陽光パネルは中国ジンコソーラー製、PCSは東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した(図1)。

図1●徳之島のメガソーラーに設置したTMEIC製蓄電池システム(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 蓄電池システムは、TMEIC製を導入し、メガソーラーと連係した全体システムの設計を三菱電機が担当した。蓄電システムに組み込んだ電池ユニットは韓国LG化学製のLiイオン蓄電池、双方向型のPCSはTMEIC製を採用した(図2)。

図2●電池ユニットは韓国LG化学製のLiイオン蓄電池を採用(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング