特集

サーキット場跡に稼働した35MWの「蓄電池併設メガソーラー」

リアルタイム制御で「変動率毎分1%」をクリア

2020/11/26 05:00
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

全長2550mの本格サーキット場

 北海道南部の白老町竹浦にあった「白老カーランド」は、全長2550mの道内有数となる本格的なサーキット場だった。札幌からクルマで約2時間とアクセスが良いこともあり、耐久レースやバイクレースなどに利用されていたが、2017年10月に閉鎖された。

 今年10月30日、このサーキット場跡地に、出力約35MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「白老町竹浦ソーラー発電所」が商業運転を開始した。

 サーキット場跡地を中心に163.5haに約9万2000枚の太陽光パネルを敷き詰めた。太陽光パネルの出力は34.56MW、連系出力は19.97MWになる。パネルの設置サイトから約2km離れた連系変電所には、出力16MW、容量15.585MWhの蓄電池システムを併設した。その充放電によって太陽光発電の急峻な出力変動(短周期変動)を緩和して電力系統への負荷を減らした上で、北海道電力に送電している(図1)。

図1●サーキット場跡地を利用した「白老町竹浦ソーラー発電所」
(出所:大和エナジー・インフラ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 事業主体は「アフターフィット大和白老町竹浦ソーラー合同会社」。同社には大和証券グループの大和エナジー・インフラ(東京都千代田区)が出資するとともに、大和証券グループの媒介によりグリーンボンドのスキームで資金を調達した。

 施工は、京セラコミュニケーションシステム(京都市)を元請けに、afterFIT(東京都港区)が一次請けを担った。完成後のアセットマネジャーは大和リアル・エステート・アセット・マネジメント(東京都中央区)、O&M(運営・保守)サービスはafterFITが担当する。

  • 記事ランキング