特集

八雲町に国内最大の蓄電池併設メガソーラー稼働

岩村町長の次のターゲットはバイオガス発電

2021/04/21 05:00
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

102MWのメガソーラーに28MWhの蓄電池

 北海道八雲町は、道南部の渡島半島の中央にあり、太平洋と日本海の両方に面する日本で唯一の町。酪農やホタテ養殖が盛んで、ふるさと納税でもホタテや牛肉のほか、毛ガニやイクラが人気で、全国でも納税受入額の多い自治体の1つになっている。

 昨年10月、同町の元採草放牧地約132haに出力102MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「ソフトバンク八雲ソーラーパーク」が営業運転を開始した。容量約27.8MWhもの蓄電池を併設したのが特徴で、稼働済みメガソーラーの出力規模としては全国で5番目、蓄電池併設型のメガソーラーとしては国内最大規模になる(図1)。

図1●102MWのメガソーラー「ソフトバンク八雲ソーラーパーク」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 事業主体は、SBエナジーと三菱UFJリースが出資して2017年1月に設立した北海道八雲ソーラーパーク合同会社(北海道八雲町)。太陽光パネルは東芝製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製、蓄電池はLG化学製を採用し、TMEICがシステムを構築した。EPC(設計・調達・施工)は、東芝とTMEICのジョイントベンチャーが担当した(図2)。

図2●太陽光パネルは東芝製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製、蓄電池システムはTMEICが構築した
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 八雲町は2030年度末に、北海道新幹線「新八雲駅」(仮称)の開業を予定しており、町では複数の産業振興プロジェクトを打ち出している。新駅周辺での農業レストランや牛乳・チーズ工場、ウイスキー蒸留所、ワイナリーなど観光・物産振興のほか、トラウトサーモンの海面養殖の事業化や、酪農振興のための研修牧場の建設などを進めている(図3)。

図3●酪農の町である八雲町には北海道新幹線の新駅が開業予定
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 同町では、こうした一次産業の活性化と並行して、2017年に「八雲町再エネ導入促進ビジョン」を作成し、町内での再生可能エネルギーの開発に取り組んでいる。「ソフトバンク八雲ソーラーパーク」を皮切りに、牧場でのバイオガス発電や小水力発電の事業化を計画している。

 国内有数のメガソーラーとして順調に稼働している「ソフトバンク八雲ソーラーパーク」だが、そのプロジェクトは当初、必ずしも順風満帆ではなかった。

  • 記事ランキング