特集

尼崎にアジア最大の物流施設、屋根上にメガソーラー

ESRが建設・運営、環境配慮とレジリエンスで先進性

2021/05/19 12:00
金子憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

東京ドーム8個分

 兵庫県尼崎市南部の臨海エリアは、かつて鉄鋼業や火力発電所などが立地し、阪神工業地帯の一翼を担ってきた。だが、産業構造の変化などにより工場が閉鎖され、兵庫県はその一部を「尼崎の森 中央緑地」として生物多様性に配慮した森林や公園を整備した。

 この緑地エリアから運河を隔てた向かいに2020年6月、アジアで最大級の物流施設が完成した。大型物流施設を展開するESR(東京都港区)が建設したマルチテナント型物流施設「ESR尼崎ディストリビューションセンター(尼崎DC)」だ。

 ワンフロアは6万m2を超え、延べ床面積は38万m2に達する。建物全体の広さは、東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場とほぼ同じサイズ。東京ドームだと8.3個分に相当する(図1)。

図1●アジア最大規模の物流施設「ESR尼崎ディストリビューションセンター(尼崎DC)」
(出所:ESR)
クリックすると拡大した画像が開きます

 最大40テナントへの分割が可能で、40カ所の事務所スペースもあり、六甲山と瀬戸内海を一望できる共用ラウンジや24時営業のショップなどを備える。一昔前の「物流倉庫」のイメージとはまったく異なり、「従業員への快適な空間の提供」を売りにしている(図2)。

図2●テナント従業員のための共用ラウンジ
(出所:ESR)
クリックすると拡大した画像が開きます

 阪神淡路大震災の被災地で沿岸部に立地するだけに、耐震構造のほか防潮堤と防波堤の二重構造、地盤のかさ上げなど、水害対策にも十分に配慮したという。

  • 記事ランキング