特集

伊万里の山間メガソーラー、オンライン制御に転換して抑制量を低減

九電の再エネ管理システムに対応して出力制御を自動化

2021/06/30 05:00
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

30カ所・300MWまで開発

 佐賀県伊万里市は、芸術性の高い伊万里焼で知られるが、黒毛和牛の高級ブランド・伊万里牛のほか、ナシやブドウの産地でもある。同市北東部の南波多町は、牧場のほか果樹園が点在し、豊かな食文化を担っている。

 「伊万里市南波多MS発電所」は、同町の山あいで稼働する出力1.2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)だ。大きく2つのエリアに太陽光パネルを敷きつめ、それぞれが階段状に整地され、ほぼ平坦な地面に設備を設置した(図1)。

図1●「伊万里市南波多MS発電所」の南側エリア。カナディアンソーラー製の太陽光パネルと東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製のPCSを採用
図1●「伊万里市南波多MS発電所」の南側エリア。カナディアンソーラー製の太陽光パネルと東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製のPCSを採用
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 同発電所は、メガソーラー開発とインフラ関連のファンドを運営するインテグリティ・パートナーズ(東京都千代田区)が運営している。同社は、2007年5月に設立し、2011年の固定価格買取制度(FIT)スタート以降、太陽光発電に特化し、メガソーラープロジェクトの開発・運営を手掛け、それらを投資資産としたファンドを管理・運営を担っている。

 これまでに全国25カ所、合計240MWの太陽光発電所(稼働・着工済)を運営しており、今後数年で合計30カ所・300MWまで増やしていく目標を掲げている。

 「伊万里市南波多MS発電所」は、FIT開始初年度の2012年度に認定を受けて稼働し、2013年12月にインテグリティ・パートナーズが取得した。茨城県内の2カ所の高圧連系する案件とともに、入札を通じてまとめて取得したという(図2)。

図2●「伊万里市南波多MS発電所」の北側エリア
図2●「伊万里市南波多MS発電所」の北側エリア
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング