特集

「太陽光・風力の急増で、系統蓄電池によるサービス事業が拡大へ」、日本工営の秋吉副社長に聞く

日系企業5社、英国で合計100MWのプロジェクトを開始

2022/01/27 19:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

日本工営、TMEICなど日系企業5社は、英国で大規模な蓄電池を使った系統安定化サービスに乗り出す。英国の2カ所で合計約100MWの蓄電池を電力系統に接続し、再生可能エネルギーの増大により不安定になる需給バランスを安定化させるサービスなどを行う。同プロジェクトを主導する日本工営の秋吉博之・代表取締役副社長に、今後の大容量蓄電池によるビジネスモデルの方向性、そのなかでの日本工営の戦略などについて聞いた(関連記事:「系統蓄電池に求められる高速制御、0.5秒の応答性を実現」、TMEICの澤田執行役員に聞く)。

蓄電池がサービスを提供

日本工営の秋吉博之・代表取締役副社長
日本工営の秋吉博之・代表取締役副社長
(撮影:清水盟貴)
クリックすると拡大した画像が開きます

――日本では、メガクラスの大容量蓄電池というと、固定価格買取制度(FIT)で北海道に設置されたメガソーラー(大規模蓄電池)や大型風力発電所に併設したケースのほか、国の実証事業で電力会社が変電所内に設置するなど、補助金が前提の設備です。英国の事業では、100MWもの蓄電池システムが民間資金だけで事業性を確保できるのですか。

秋吉 北海道の大規模な再生可能エネルギーに併設された大型蓄電池は、太陽光や風力を系統に接続する条件として一般送配電事業者から求められたものです。また、北海道や福岡県、福島県の変電所内に設置された大型蓄電池は、一般送配電事業者が自社の需給調整のために使っています。いずれも蓄電池だけで事業を行うものではありません。

 それに対し、今回公表した英国での蓄電池プロジェクトは、電力系統に単独で接続する「系統蓄電池」で、収益源は、卸電力市場を使った取引や、需給調整機能などを系統運用者に提供して対価を得るものです。

 卸電力市場を使った取引では、安く買って高く売る「裁定取引」を行い、差益を得ます。一方、充放電による調整力の提供先は系統運用者になりますが、こちらも制度上、市場を介した入札になります。周波数安定化など短周期変動に対応したアンシラリー市場や、将来の供給力を確保する容量市場などが創設されており、これらの市場を活用します。

 こうした裁定取引やアンシラリーサービス、需給調整市場は、出力の変動する太陽光と風力発電の比率が高まるほど必要性や活用頻度が高まり、こうした仕組みを機動的に利用できる系統蓄電池の事業性が向上します(図1)。

図1●英国でのプロジェクトイメージ。アグリゲーターを通して、さまざまな市場にサービスを提供する
図1●英国でのプロジェクトイメージ。アグリゲーターを通して、さまざまな市場にサービスを提供する
(出所:日本工営)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング