特集

「太陽光・風力の急増で、系統蓄電池によるサービス事業が拡大へ」、日本工営の秋吉副社長に聞く(page 3)

日系企業5社、英国で合計100MWのプロジェクトを開始

2022/01/27 19:00
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

英国では「蓄電ファンド」も登場

――新しい事業だけにファイナンスには苦労しませんでしたか。

秋吉 まさに系統蓄電池によるサービス事業では、ファイナンスが大きな壁になっています。再エネのFITのように長期間、固定単価で収入を得られる事業と違い、系統蓄電池は各種市場が相手になります。市場から得る収入のことを「マーチャント収入」と呼び、これは、日々の市場の動きに影響され、リスク・リターンが高いという特徴があります。

 こうした「マーチャント収入」でプロジェクトファイナンスを組成するためには、将来価格を予想できるほど成熟した自由化市場が前提になります。しかし、英国でさえ、こうした市場は始まったばかりです。今回の100MWのプロジェクトでは、エクイティ(資本金)の比率を高くし、出資者でもある芙蓉総合リースが融資を引き受けてくれました。

 実は、NKEEは、英国での100MWプロジェクトと並行して、ベルギーで25MWの系統蓄電池プロジェクトを進めています。こちらは、再エネを中心に投資を行う独アキラ・キャピタル(Aquila Capital)との共同出資で、融資を受けず、全額出資金で賄います。

――英国の系統蓄電池によるサービス事業は、実際のところ、ビジネスとして安定収益を得られているのでしょうか。

秋吉 すでに述べたように英国では1.25GWの系統蓄電池が送電網に接続され、各種市場から得られる「マーチャント収入」で収益を上げています。それが結果的に系統の安定運用に寄与しています。実は日本工営が2018年に出資した蓄電池は、その後、系統蓄電池によるサービス事業に投資する「蓄電ファンド(Gore Street Energy Storage Fund)」に組み入れられました。この蓄電ファンドはロンドン証券取引所に上場しており、投資家に安定的に配当し、投資先として人気を得ています。

日本工営の秋吉博之・代表取締役副社長
日本工営の秋吉博之・代表取締役副社長
(撮影:清水盟貴)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング