特集

北九州市、「再エネ水素」の製造・運用を実証

IHI、太陽光・風力・ごみ発電から低コストで水素製造

2022/03/03 05:00
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

1.2kmの水素パイプライン

 菅前総理大臣のカーボンニュートラル宣言で、水素を活用したエネルギーシステムが脚光を浴びている。福岡県と北九州市は、約10年前から水素に着目し、連携して実証事業などに取り組んできた。

 北九州市東田地区もその舞台の1つで、日本製鉄の遊休地を活用し、2011年から「北九州水素エコタウン」が稼働している。日鉄の工場で発生する副生水素を燃料電池車(FCV)向けの水素ステーションに供給するとともに、1.2kmものパイプラインを市街地まで敷設して直接、水素を供給し、博物館や実証住宅に設置した定置型燃料電池システムで活用している(図1)。

図1●1.2kmもの水素パイプラインを敷設した
図1●1.2kmもの水素パイプラインを敷設した
(出所:北九州市)
クリックすると拡大した画像が開きます

 また、福岡市や久留米市内でも、水素ステーションの運営や、商業施設での燃料電池フォークリフトなどで水素を活用してきた。

 ただ、これらの実証で使われてきた「副生水素」は、工場で使われる化石資源の利用過程で排出されるものなので、「CO2フリー」ではなかった。こうした化石由来の水素は、「グレー水素」と呼ばれる。燃料電池による発電システムは、エンジンなど内燃機関に比べて効率が高いため、省エネに貢献するものの、「グレー水素」では脱炭素は難しい(図2)。

図2●水素を供給して燃料電池システムを稼働する住宅のある「水素タウン」
図2●水素を供給して燃料電池システムを稼働する住宅のある「水素タウン」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング