特集

レジリエンス最前線

2020/11/04 05:00
印刷用ページ
日本列島は地震の活発期に入ったとの見方が強まる一方、地球温暖化の影響とも思われる異常気象や極端な気象が国内外で頻発している。被災した場合のレジリエンス(強靭性・回復力)は、持続可能な社会や企業活動に重要なテーマになっている。とりわけ、エネルギーの確保は、ライフラインの1つで、企業にとってもBCP(事業継続計画)の重要なテーマになる。エネルギーシステムのレジリエンス性の向上は、脱炭素化とともに、社会に貢献し持続的に成長する企業経営にとって必須の要素になってきた。エネルギーレジリエンスに取り組む先進企業をレポートする。

記事一覧

  • 記事ランキング