ニュース

中部ガスのサーラグループ、「卒FIT」買取単価を発表

2019/06/27 00:58
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
余剰電力買取サービスのポイント還元までの流れ
(出所:サーラグループ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 中部ガスやガステックサービスなどで構成するサーラグループの小売電気事業者であるサーラeエナジー(愛知県豊橋市)は6月12日、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了した「卒FIT」住宅用太陽光発電の余剰電力買取サービスを発表した。

 買い取った「卒FIT」余剰電力量に応じて、三菱UFJニコスが発行するサーラグループ提携クレジットカード「サーラカード」のポイントに還元する。同ポイントは、ガス料金の支払いなどで貯められ、5000ポイントごとに5000円分のギフトカードに自動交換される。

 買取単価は、サーラグループのガス・電気を両方利用する顧客を対象とした「基本買取プランA」が10ポイント/kWh(10円相当)、それ以外の顧客を対象にした「同B」が8ポイント/kWh(8円相当)。なお、買い取った電気はサーラグループの一部事業所で活用する。

 このほかにも「SALAプレミアムプラン」では、サーラグループの対象企業で蓄電池や燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)の機器設置、システムキッチの導入、水回りのリフォームなどを行った顧客を対象に、工事金額50万円ごとに1ポイント/kWhを買取単価に加算する。加算ポイントの上限は10ポイント/kWhまで、期間は5年間。

  • 記事ランキング