ニュース

いちご、泉南市の農業用ため池に水上メガソーラー稼働

2019/07/12 19:18
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
いちご泉南狐池ECO発電所
(出所:いちご)
クリックすると拡大した画像が開きます

 いちごは、大阪府泉南市に出力約2.86MWの水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)「いちご泉南狐池ECO発電所」を建設し、7月4日から発電を開始した。

 農業用ため池の水面3万3575m2に太陽光パネル7840枚を設置した。予想年間発電量は、一般家庭約960世帯分に相当する346万2000kWhの見込み。

 太陽光パネルは中国JAソーラー製、パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウェイ製を採用した。施工はJFEプラントエンジが担当した。

 同社が運営する42番目の稼働済み太陽光発電所で、累計出力は118.82MWになる。来期以降の稼働予定を含めた確定案件数は合計58案件、累計出力は170.71MWになる。

  • 記事ランキング