ニュース

NEXI、再エネ輸出・海外事業向け「環境イノベーション保険」創設

2019/07/19 01:12
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
貿易保険の仕組みイメージ
(出所:NEXI)
クリックすると拡大した画像が開きます

 日本貿易保険(NEXI)は7月17日、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギー案件などの地球環境保全効果が見込まれる輸出や海外事業を対象に「環境イノベーション保険」を創設すると発表した。通常の融資保険と比べて信用付保率を97.5%に引き上げたのが特徴。

 環境保全プロジェクトを実施する国内企業および金融機関が、積極的に情報開示を進めている場合に適用する。公的機関として環境保全・気候変動対策への民間セクターの取り組みに対する支援強化の必要性が高まっていると判断し、今回の保険を創設したという。

 対象は、再エネ案件のほか、排熱回収設備やスマートグリッドなどの省エネルギー案件、二酸化炭素の回収・利用・貯留(CCS)関連技術や水素関連技術、系統安定化に関連する蓄電技術、燃料電池関連技術などの地球環境保全に質するする新技術の活用案件に向けた貿易代金貸付保険、海外事業資金貸付保険(劣後ローン特約付きの場合を除く)。

 保険料率は現行料率と同じだが、付保率引き上げ分に対する保険料が必要。アニュアルレポートやWebサイト該当箇所の写しなど、環境保全・気候変動対策分野の取り組み状況・方針について積極的な情報開示が確認できる資料を提出する必要がある。ただし、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)に賛同表明していることが確認できれば資料の提出は不要になる。

  • 記事ランキング