ニュース

太陽光と蓄電池でロックフェス運営、猪苗代町で初開催

アンフィニが福島工場で製造した「地元産パネル」を提供

2019/07/30 00:15
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 7月6日、福島県猪苗代町で、太陽光発電の電力で運営する野外ロックフェスティバル「猪苗代 THE SOLAR BUDOKAN 2019」が開催され、10組のアーティストによるコンサートの運営を、太陽光パネルと蓄電池による独立電源システムで賄った。

 これは、ワイズコネクション(東京都渋谷区)が企画したイベントで、「太陽光でロックする」をキャッチコピーに、野外ロックコンサートを通じて、温暖化問題や再生可能エネルギーの推進を啓発していく狙いがある。2013年に岐阜県中津川市で初めて企画され、その後、徳島県松茂町でも開催、福島県でのイベントは、今回が初めてとなった。

7月6日に開催した「猪苗代 THE SOLAR BUDOKAN 2019」
(出所:ワイズコネクション)
クリックすると拡大した画像が開きます

 今回の「猪苗代 THE SOLAR BUDOKAN 2019」は、猪苗代湖畔にある猪苗代野外音楽堂で午前11時から午後9時まで開催され、舞台での演奏のほか、フードコートも併設した。

 会場には、合計出力約23kWの太陽光パネルを設置し、発電電力を合計容量63kWhの蓄電池システム(12.6kWhユニット・5台)に充電し、蓄電池からステージに電気を供給した。負荷となる電気設備は、スピーカー12台、モニター2台にミキサーなど。演奏家は、楽器の電源をステージ上の3kW・2本のコンセントから電気を利用した。

 太陽光パネルはアンフィニ製で、福島県楢葉町にある同社・福島工場で製造した新型パネル(275W/枚)を合計84枚、単管パイプで造った仮設の架台に取り付けた。同社は、特別協賛企業としてパネルを無償で提供して、イベントをサポートした。

太陽光パネルはアンフィニの福島工場で製造
(出所:ワイズコネクション)
クリックすると拡大した画像が開きます

 また、猪苗代野外音楽堂には、もともと約7kWの太陽光パネルと22kWhの蓄電池システムが常設されており、ここからも電気の供給を受けたという。

  • 記事ランキング