ニュース

鈴鹿のソーラーカーレース、大阪産業大がクラス優勝、トリナ製裏面電極セルを搭載

2019/08/09 11:06
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 三重県鈴鹿市にあるレース場「鈴鹿サーキット」において8月2~3日、太陽光発電の電力で走るソーラーカーによる「FIA Electric & New Energy Championshipソーラーカーレース鈴鹿2019」が開催された(図1)。

クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
クリックすると拡大した画像が開きます
図1●「FIA Electric & New Energy Championshipソーラーカーレース鈴鹿2019」
(出所:日経BP)
クリックすると拡大した画像が開きます

 クルマの表面に太陽電池セル(発電素子)を並べ、この発電電力を動力として走る電気自動車によるレースで、国際格式および国内格式の競技会となっている。車体には、太陽電池セルのほか、蓄電池も搭載している。

 鈴鹿でのソーラーカーレースは、国内で開催される最大級の国際ソーラーカーレースとしている。初めて開催されたのは1992年で、今回で28回目の開催となる。

 今回のレースでは、車体の寸法やドライバーを含む重量、車体に貼り付けた太陽電池セル、搭載する蓄電池、チームの構成員の年齢などによって、4つのクラスに分かれ、4時間または5時間耐久で、周回数の多さで順位を競った(動画1~6)。

動画1●ピットからの出庫
(出所:日経BP)
動画2●1週目のゴール地点で、かなりの差がついていた
(出所:日経BP)
動画3●第1・第2コーナーでの様子
(出所:日経BP)
動画4●S字コーナーでの様子
(出所:日経BP)
動画5●登り坂の逆バンクコーナーでの様子
(出所:日経BP)
動画6●ピット作業の様子
(出所:日経BP)

 具体的には、4時間耐久のエンジョイI/IIクラス(合計18チームが参加)、5時間耐久のドリームクラス(7チーム)、チャレンジクラス(6チーム)、オリンピアクラス(10チーム)の競技が開催された。

  • 記事ランキング