ニュース

生活クラブ生協、5エリアで「卒FIT」太陽光の買取単価

2019/08/22 11:32
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ

 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(生活クラブ生協)は8月19日、生活クラブ組合員向け電力共同購入「生活クラブでんき」契約者を対象に、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が満了した「卒FIT」住宅太陽光の余剰電力買取サービスを発表した。同日から受付を開始した。

 買取単価は、北海道が8円/kWh、東北が9円/kWh、関東が8.5円/kWh、中部が8円/kWh、関西が8円/kWh。同エリアの旧一般電気事業者の買取単価(北海道電力8円/kWh、東北電力9円/kWh、東京電力エナジーパートナー8.5円/kWh、中部電力7円/kWh、関西電力8円/kWh)とほぼ同等となる。

 生活クラブでんきは、再生可能エネルギー(FIT電気)を中心とした電力を共同購入し、生活クラブの事業所や組合員に供給する。生活クラブグループの生活クラブエナジー(東京都新宿区)が運営する。「卒FIT」余剰電力買取サービスにより、再エネ電気を更に拡大するとしている。

生活クラブでんきの電源構成(2018年度)
(出所:生活クラブエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 卒FIT余剰電力買取の申し込みは、生活クラブエナジーのコールセンターまたはWebサイトの問い合わせフォームから行う。8月末から順次契約に必要な書類を送付する。生活クラブでんきを現在契約していない組合員でも、新規契約することで対象になる。

  • 記事ランキング