ニュース

中国電、「卒FIT」買取で流通大手と連携、ポイント付与

2019/08/27 13:34
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ

 中国電力は8月23日、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が満了した「卒FIT」太陽光発電の余剰電力買取サービス「ぐっとずっと。グリーンフィット」について、サービス内容の詳細を発表した。余剰電力買取のほか、仮想蓄電池サービスや提携先企業のポイントや電子マネーを付与するプランを用意する。

 同社は、3月25日に余剰電力の買い取りを希望する顧客向け新サービスとして、「ぐっとずっと。グリーンフィット」を公表。4月23日には、余剰電力の「買取プラン」について、2019年度の買取単価を7.15円/kWhに設定すると発表していた(関連記事)。今回、買取プラン以外の新プランについて発表した。

 「お預かりプラン」は、同社が余剰電力を仮想的に預かり、蓄電池を設置した場合と同様に夜間の使用電力に充当したとみなす。預かった余剰電力は、買取単価7.15円/kWhに加えてプレミアムポイントとして1エネルギアポイント/kWhを付与する。さらに、顧客の夜間使用電力量に充当できる分については、ボーナスポイントとして1エネルギアポイントを更に加算する。実質的な買取単価は8.15~9.15円/kWh相当となる。

「お預かりプラン」のイメージ
(出所:中国電力)
クリックすると拡大した画像が開きます
「お預かりプラン」と蓄電池との経済性の比較
(出所:中国電力)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング