ニュース

セブン-イレブン、10店舗で「再エネ100%」、太陽光とリユース蓄電池で

カネカの両面受光パネル設置、エジソンパワーが蓄電池システム構築

2019/09/27 20:09
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ、工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
実証実験の概要
(出所:セブン-イレブン・ジャパン)
クリックすると拡大した画像が開きます
実験店舗の屋根上に設置した太陽光パネル
(出所:カネカ)
クリックすると拡大した画像が開きます
実験店舗に設置したリユース蓄電池を再生した定置用蓄電池
(出所:エジソンパワー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)は9月26日、神奈川県内の「セブン-イレブン」10店舗で、店舗運営に関する電力を全て再生可能エネルギーで賄う実証実験を開始した。神奈川県との間で締結した「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」に基づく取り組みになる。

 実証実験に参加する店舗には、カネカが提供する太陽光パネルと、電気自動車「日産リーフ」のリユース(再使用)蓄電池を活用した蓄電システムを設置する。

 さらに、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了した「卒FIT」住宅太陽光に由来する電力をスマートテック(水戸市)から調達することで、自家発電分と合わせて実質的に「再エネ100%」を達成する。

 太陽光パネルは、ヘテロ接合技術を採用したタイプで相対的に発電効率に優れるという。加えて、両面受光型を採用したため、発電量を増やせるという。標準的なセブン-イレブン店舗では太陽光パネル90枚、容量28.8kWを設置できる。

 蓄電池システムは、フォーアールエナジー(横浜市)が回収・調達した日産リーフのリユース蓄電池をもとに、エジソンパワー(千葉県木更津市)が定置用蓄電池として製造した。容量は1基あたり40kWhで、停電時などは店舗の冷蔵ケースを稼働できる。電池の転用に関する評価規格「UL1974」に基づく認証を取得した工場で電池を再生したという。

 エジソンパワーによると、専用ラックを設計し、コンビニ店舗の狭い空間内に設置できるように工夫したという。また、リユース蓄電池の充放電管理、太陽光パネルからの充電など、システム全体の制御システムを構築した。

 セブン-イレブンによると、同社の事業におけるCO2排出量は、大きく分けて「店舗運営」と「物流」の2要素からなり、店舗運営に起因する部分が約9割を占める。今回の取り組みによりCO2排出量の大幅削減が期待できるという。

  • 記事ランキング