ニュース

経産省、「発電側アグリゲーター」育成へ、FIT抜本見直しを睨み

2019/10/24 19:12
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 経済産業省は10月15日、固定価格買取制度(FIT)の抜本的な見直しなどを検討する「再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会」の第2回の会合を開催した。「フィード・イン・プレミアム(FIP=Feed in Premium)」の方向性や、「インバランス特例」廃止後の事業環境の整備などに関して討議した。

 FIT抜本見直しでは、再生可能エネルギーの買取価格を「固定型」から「市場連動型」に変更するとともに、(1)現制度で送配電事業者に課している「買取義務」を廃止し、電力小売事業者との相対取引や電力市場への売却など、再エネ事業者が売電先を選択、(2)現制度で再エネ発電事業者に免除されている発電量計画の作成などを新たに課し、再エネ事業者も調整負担を負う「インバランス特例の廃止」、などが方向性になっている。

 第2回会合で事務局(経産省)は、買取義務とインバランス特例の廃止によって、複数の再エネ発電事業者(FIP認定事業者)の電源をまとめ、市場取引を代行する「発電側アグリゲーター」の重要性が増すとの認識を示した。

 経産省では、こうしたアグリゲーターの電気事業法上の位置づけに関して検討を始めており、さらにアグリゲーションビジネスの拡大を促す事業環境整備を進める方針だ。

小規模の再エネ発電事業所はアグリゲータ―を通じた売電が多くなる可能性が高い
(出所:経済産業省)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング