ニュース

北関東エリアの太陽光、低圧事業用も含め「ノンファーム接続」適用へ

2019/10/26 15:53
金子憲治=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 経済産業省は10月8日、新エネルギー小委員会・系統ワーキンググループ(WG)を開催し、北関東エリアの一部において、連系出力50kW未満の低圧事業用太陽光を系統接続する際、「ノンファーム型」を前提に進めていく方針を示した。

 「ノンファーム型」接続とは、電力系統が混雑した時に発電出力を制御(抑制)することを前提として、新規電源を系統連系する仕組み。

 従来、国内では、工事費負担金の支払いを条件に連系承諾し、工事費負担金を使って系統設備を増強したうえで、「ファーム接続」(系統混雑による出力制御を求めない接続)で、系統連系するのが一般的だった。

 今回、「ノンファーム型」を前提に接続していく方向となった地域は、北関東東部募集プロセスの対象エリア。この募集プロセスでは、高圧・特高案件の募集容量に対して応募容量が大幅に下回ったことで、現在、募集プロセスを一時延期し、高圧・特高案件の接続をノンファーム型として進める方向になっている。

北関東東部募集プロセスの対象エリア
(出所:東京電力パワーグリッド)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング