ニュース

太陽光から4時間でフル充電も、大容量の可搬型蓄電池

2019/11/06 11:19
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
EFDELTA
(出所:EcoFlow Technology Japan)
クリックすると拡大した画像が開きます
別売りのパネル6枚を接続した場合、約4時間で充電できる
(出所:EcoFlow Technology Japan)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ポータブル電源の開発・販売を手掛ける中国のベンチャー企業EcoFlow Technologyの日本法人EcoFlow Technology Japan(東京都港区)は、高速充電可能なポータブル(可搬型)蓄電池「EFDELTA(イーエフデルタ)」を2020年1月下旬に発売する。蓄電容量は1260Wh、最大出力は1600W。価格はオープン、予想実売価格は15万9500円。

 この程度の容量の場合、一般的に空の状態からフルに充電するのに数時間以上掛かるところ、独自開発の「X-Stream充電テクノロジー」により0~80%まで1時間、フル充電まで2時間以下を実現したという。別売の太陽光パネルのみでも充電でき、その場合、最大6枚接続時でフル充電まで約4時間かかるという(天候により異なる)。本体重量は13.6kgで屋外に持ち運びできる。

 電子レンジや炊飯器、冷蔵庫など消費電力の大きい一般家電製品、プロ用電気工具に使用できるほか、電気自動車(EV)にも充電が可能。ノートPCを15回以上、携帯電話を100台以上、コーヒーメーカーを50杯以上抽出、EVを最大約12km走行できる。

 独自のBMS(バッテリー・マネジメント・システム)により長期間、保存しても充電ロスを5%以下に抑えたという。出力コネクターはAC電源が6基、USBが4基、USB-Cが2基、シガーソケット1基を備える。コンセントに接続したまま電力出力が可能で、普段からデバイスを接続したままで使用できる。停電など電源供給が止まると20ミリ秒で蓄電池による電力供給に切り替わる。

 正式発売に先立ち、11月15日からクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で先行販売を開始する。これに合わせて日本法人は正規代理店・販売店登録プログラムを開始する。

  • 記事ランキング