ニュース

四電とイオン、「卒FIT」太陽光の買取でポイント付与

2019/11/16 11:26
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ

 イオンと四国電力は11月14日、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が満了する「卒FIT」住宅太陽光発電を持つ顧客を対象に、太陽光の余剰電力を活用する新サービス「四電WAONプラン」の募集を12月2日に開始すると発表した。

 四国電力による住宅用太陽光発電の余剰電力の買取単価(2019年度は7円/kWh)に加えて、イオンのポイントサービスである1WAONポイント/kWhを付与する。四国電力が買い取った余剰電力に含まれるCO2排出量ゼロの環境価値をイオン店舗に提供し、イオンのCO2排出量削減に活用する。

四電WAONプランの仕組み
(出所:イオン、四国電力)
クリックすると拡大した画像が開きます

 サービスの条件は、「受電電圧が低圧で、同一地点で四国電力と低圧の電気料金プランでの契約があること」「WAONカードを保有していること」などになる。申し込みはWebサイトから24時間受付可能。2020年4月30日までの期間限定で同プランに申し込んだ顧客全員に500WAONポイントを進呈するキャンペーンを実施する。

 「卒FIT」に伴う余剰電力にWAONポイントを付与するサービスは中部電力と中国電力が提供しており、四国電力が3社目となる。イオンは、2018年3月に「イオン脱炭素ビジョン2050」を発表。店舗で排出するCO2などの総量を、2030年までに2010年度比35%減、2050年までにゼロにすることを目指している。

システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング