ニュース

1.26kWhのポータブル蓄電池、太陽光から4時間でフル充電も

2019/12/02 19:48
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
EFDELTAとEcoFlow 110W
(出所:EcoFlow Technology Japan)
クリックすると拡大した画像が開きます

 EcoFlow Technology Japan(東京都港区)は、高速充電できる1260Whのポータブル蓄電池を、11月15日からクラウドファンディングで予約販売を開始した。製品名は「EFDELTA(イーエフデルタ)」。

 同社は、ポータブル電源の開発・販売を手掛ける中国のベンチャー企業EcoFlow Technologyの日本法人。クラウドファンディングサイト「Makuake」で予約販売する。2020年1月下旬に出荷を開始する予定。

 容量1260Wh、出力1600W(サージ3100W)で、電子レンジや炊飯器、冷蔵庫などの一般家電製品のほか、電動工具や電気自動車の充電などにも対応する。USB Type-Aを4個、USB Type-Cを2個、AC(交流)コンセントを6個、車載シガーソケットを1個備え、最大13デバイスへ同時に給電できる。

 独自に開発した充電技術(特許申請中)を採用し、1時間以下で0から80%まで充電、2時間以下でフル充電できるという。また、太陽光パネルから最大400Wの充電が可能。バッテリー寿命は800サイクル以上(残存容量60%以上想定時)。

 筐体には高品質アルミニウムと高強度鋼を採用し、耐久性と放熱性を両立した。本体寸法は40×f21×27cm、本体重量は13.6kgで、同容量のポータブル電源と比べて約30%軽量という。想定売価(税込み)は15万9500円。

 別売オプションの太陽光パネル「EcoFlow 110W」は、単結晶シリコン製を採用し、定格出力は110W(±5W)。EFDELTAに最大6枚(直列3枚×2並列)接続し、4時間でフル充電できる。折り畳み可能でIP67規格(完全防塵、水中1.0m/30分間防水)に対応し、アウトドアでも使用できる。本体寸法は52×158×2cm(折り畳み時52×43×2cm)、本体重量は3.5kg。想定売価は3万8000円。

システムメンテナンスのお知らせ
  • 記事ランキング