ニュース

太陽光第5回入札結果、27件40MWと低調、「特高」は落札なし(page 2)

2020/01/23 12:21
日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ 金子憲治
印刷用ページ

「特高」はすべて不落

 入札結果の発表を受けて、1月22日に開催された調達価格等算定委員会では、落札案件の分布図を公開した。それを見ると、特別高圧送電線に連系する大規模プロジェクトは4件が入札したが、すべて上限価格(13円/kWh)を上回ったため、不落となった。

 逆に、今年度から新たに入札対象範囲となった500kW~2MWの規模で、 特に入札価格の低い案件が見られた。

 太陽光発電の発電コストは、従来、大規模化することで、発電量(kWh)当りのコストを下げていくという流れにあったが、今回の結果を見る限り、比較的、小規模な案件で価格低下が進んでいる様子が伺われる。

落札案件の分布(実線赤丸が落札、点線赤丸は不落)
(出所:経済産業省)
クリックすると拡大した画像が開きます
落札者の一覧
(出所:一般社団法人・低炭素投資促進機構)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング