ニュース

太陽光電力を一括買取、蓄電池代金に充当、Looopが「卒FIT」向け

2020/01/28 19:25
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
Looopでんち
(出所:Looop)
クリックすると拡大した画像が開きます

 Looop(東京都台東区)は1月28日、太陽光発電の固定価格買取期間(FIT)が満了した「卒FIT」後、または満了間近の顧客を対象に、今後5年間の発電電力を一括で買い取り、住宅用蓄電池システム「Looopでんち」の購入価格に充当できる「Looopでんち決算キャンペーン」を発表した。

 Looopでんちは、容量4kWhの住宅用リチウムイオン蓄電池、定格出力5.5kWのハイブリッド型パワーコンディショナー(PCS)、通信コントローラー、リモコンから構成される蓄電池システム。AI(人工知能)による自動制御により最大8kWh相当を蓄電できるという。システム価格は89万80000円。

 今回発表したキャンペーンでは、今後5年分の発電電力をシミュレーションして一括で買い取る。出力6kWの太陽光パネルを設置した住宅の場合、5年分の一括買取金額は約30万円分となり、Looopでんちを約59万8000円で購入できる計算。

 「卒FIT」顧客は、発電電力を買取単価10円/kWhでの一括買取となり、買取期間内の自家消費電力は販売価格9円/kWhで利用できる。FIT期間が残る顧客(FIT買取単価48円/kWh、42円/kWhの顧客)は、余剰電力をFIT単価で一括買取し、自家消費分の電気代は請求しない。5年以内に卒FITを迎えた場合、残り期間は卒FIT顧客と同じ扱いになる。

 受付期間は2月1日~3月31日、先着400人まで。沖縄電力エリアは対象外となる。

  • 記事ランキング