ニュース

作業効率の高い取付金具、折板屋根に太陽光パネルを固定、屋根技研

2020/01/29 20:06
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
トップロック施工例
(出所:屋根技研)
クリックすると拡大した画像が開きます

 太陽光パネル用架台や屋根用資材を開発する屋根技術研究所(愛知県高浜市)は、工場や商業施設など大型建物の屋根材に使われるハゼ折板屋根に太陽光パネルを固定する金具「トップロック」を3月に発売する。

 折板のハゼ部を挟んで取り付ける金具で、ナットを緩めて金具を広げる手間が不要な1ピース構造を採用した。太陽光パネルを固定する上部ボルトはスライド可能で、金具を付け直しせずに取り付け位置を微調整できる。

 屋根材との接触面に21mmのヒレ部を設け、効率よく荷重を逃すため正圧荷重に強いという。また、金具内部のツメがハゼ部を掴むことで風や雪の負荷による「ズレ」が起こり難い。アルミニウム製のため、耐食・耐候性に優れるとしている。

 販売価格は3000円/kW。他部材と構成したセット品での購入となる。販売目標は月5~6万個。

  • 記事ランキング