ニュース

NTTスマイルの「エコめがね」、契約案件2GW超に

2020/01/30 18:46
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
「エコめがね」契約案件の合計出力が2GWを超えた
(出所:NTTスマイルエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 NTTスマイルエナジー(大阪市)は1月29日、太陽光発電設備の遠隔モニタリングサービス「エコめがね」について、契約案件の合計出力が2GWを超えたと発表した。

 2020年1月時点の導入件数は6万6000件で、これら契約顧客の2019年実績における総発電量は年間2560GWhに達するという。

 エコめがねは、2011年11月に住宅太陽光向けサービスの提供を開始した。その後、固定価格買取制度(FIT)による事業用太陽光発電の導入拡大を受け、主に50kW未満の低圧事業用太陽光発電設備を中心に契約を増やしてきた。2016年11月には契約案件の合計出力が1GWを突破した。

 同社によると、導入件数の大半がFIT認定を受けた設備という。今後は、太陽光発電の自立的な普及を促す「自家消費向けエコめがね」や、蓄電池・電気自動車(EV)向けサービスについても契約拡大を目指す。

  • 記事ランキング