ニュース

東急パワー、条件なしで「卒FIT」太陽光を10.9円で買取

2020/01/31 18:07
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
「東急でんき」未契約者からの買い取りも開始
(出所:東急パワーサプライ)
クリックすると拡大した画像が開きます

 東急パワーサプライ(東京都渋谷区)は、固定価格買取制度(FIT)の買取期間が満了した「卒FIT」住宅太陽光向け「太陽光余剰電力買取サービス」の買取条件を改定した。従来は電力サービス「東急でんき」とのセットが条件だったが、1月30日から「東急でんき」未契約者からの買い取りも開始した。

 買取単価は、東急でんき契約者と同額となる10.9円/kWhに設定した。同社によると、東京電力エリア内で業界トップクラス(2020年1月末時点)という。対象エリアは、東京都、神奈川県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、山梨県、富士川以東の静岡県(島しょ部除く)。

 東急は、2019年10月に事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際イニシアティブ「RE100」に加盟した。事業で排出するCO2の総排出量を2030年までに30%削減、2050年までに100%削減して全量を再エネで賄う目標を掲げている。

 東急パワーサプライは、東急が66.7%、東北電力が33.3%出資する電気小売・ガス取次会社。太陽光の余剰電力は、東急線沿線の電力地産地消にもつながる重要な自社電源のひとつと位置付け、より多くの顧客から広く買い取りを進めることで、RE100達成を目指すとしている。

  • 記事ランキング