鹿児島・宮崎限定の太陽光パネル洗浄サービス、1枚600円から

2020/02/07 10:42
工藤宗介=技術ライター
専用機材による洗浄の様子
(出所:Energy Creation)
クリックすると拡大した画像が開きます
専用機材による洗浄の様子
(出所:Energy Creation)
クリックすると拡大した画像が開きます

 エネルギーベンチャーのEnergy Creation(東京都港区)は2月5日、鹿児島県と宮崎県にエリアを限定した太陽光パネル洗浄サービス「エナクリ・ソーラー」を開始したと発表した。日程管理を簡略化し、専用機材を効率的に運用することで、高品質な洗浄サービスを低価格で実現したという。

 太陽光パネルに排ガス、土砂、鳥糞、工場煤煙、黄砂、火山灰、牛舎の石灰などの汚れが付着すると、発電効率の低下や故障の原因になる。特に鹿児島県は、桜島の火山灰が広範囲に飛散しており、他県より高い割合で発電効率の低下や故障が発生しているという。汚れた太陽光パネルを適切に洗浄することで、発電量を約13%増加させることも可能としている。

 同サービスは、原則として日時の指定はできない。また、立会不要とすることで日程管理を簡略化した。専用機材を用いて太陽光パネルにダメージを与えずに洗浄するという。スポット洗浄、定期的な洗浄、除草サービスなどの周辺サービスをラインアップし、顧客の多様なニーズに対応するとしている。

 料金は、産業用スポットが1枚あたり600円から(100枚に満たない場合は基本料金6万円)。雑草除去が1m2あたり150円、除草剤散布が1m2あたり120円。洗浄・雑草除去・除草剤散布から1年間2サービスを選択できる「組み合わせ自由2サービスプラン」は1枚あたり1000円、3サービスを選択できる「組み合わせ自由3サービスプラン」は同1380円(いずれも年1回の目視確認報告付き)。

 家庭用スポットは1枚あたり800円から、基本料金2万5000円。また、同一市内で希望者を募り集まった世帯数に応じて価格変動する「市内でまとまるプラン」は、10世帯の場合3万2000円、20世帯の場合3万円、30世帯の場合2万8000円(いずれも固定価格)。対象エリアは、鹿児島県指宿市、枕崎市、鹿児島市、霧島市、南九州市、南さつま市、いちき串木野市、姶良市。