ニュース

大容量蓄電池を搭載したLEDソーラーランタン、スマホ充電も可能

2020/02/19 18:25
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
エムパワード ベース
(出所:エム・シー・エム・ジャパン)
クリックすると拡大した画像が開きます
エムパワード ベース
(出所:エム・シー・エム・ジャパン)
クリックすると拡大した画像が開きます

 エム・シー・エム・ジャパン(東京都千代田区)は、LEDソーラーランタン「エムパワード」シリーズの新製品として、大容量4000mAhのリチウムイオン蓄電池を搭載して長時間利用できる「エムパワード ベース」を3月下旬から販売を開始する。希望小売価格は7000円(税別)。

 エムパワードは、本体に空気を入れて膨らませて使用するソーラー充電式のLEDライト。多くの国や地域で電気のない生活をする15億人の人々に向けて開発した製品で、250以上のNGO(非政府組織)を経由して110カ国以上の125万人に使われているという。

 新製品のエムパワード ベースは、同シリーズ最大サイズで、明るさが最大360ルーメン、連続点灯時間が弱モード時500時間。本体素材は光を拡散するマットPVCを採用。31個の暖色LEDにより、アウトドアや災害時のほか、インテリアとしても利用できる。

 充電時間は、太陽光パネルが直射日光25時間、USB経由が5~6時間。USB端子は、スマートフォンなどの機器の充電にも使用できる。充電切れを防ぐ電池残量インジケーターを備える。本体寸法は、直径15.2×高さ13.7cm(折り畳み時高さ3.8cm)。重さは約287g。

  • 記事ランキング