ニュース

横浜・南本牧ふ頭に「エコ倉庫」、太陽光を自家消費

2020/02/19 18:55
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
南本牧配送センター
(出所:三菱倉庫)
クリックすると拡大した画像が開きます

 三菱倉庫は、南本牧ふ頭(横浜市中区)に「南本牧配送センター」を建設し、2月18日に竣工した。「災害に強いエコ倉庫」のコンセプトに基づき、太陽光発電設備など環境負荷の低減と自然災害への対応に配慮した。

 太陽光発電設備の出力は200kW。太陽光パネルは三菱電機製、パワーコンディショナー(PCS)はGSユアサ製を採用した。発電した電力は自家消費する。

 このほかにも環境負荷を低減する設備として、全館にLED照明を採用し、高効率空調機器を備えた。また、自然災害による停電対策として非常用発電機を設置し、顧客の事業継続を物流面から支援する。

 南本牧ふ頭コンテナターミナルの至近に位置し、海上コンテナ貨物の取り扱いに適する。また、首都高速湾岸線に直結した臨港道路「南本牧はま道」により首都圏各地へのアクセスも良好という。

 柱は鉄筋コンクリート造、梁は鉄骨造の5階建て。延床面積は約3万5600m2。設計施工費は約61億円。

  • 記事ランキング