ニュース

オリックス自動車、太陽光パネル搭載の「モバイルオフィスカー」

2020/03/03 09:10
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
太陽光パネルを搭載した「移動事務所車」(モバイルオフィスカー)
(出所:オリックス自動車)
クリックすると拡大した画像が開きます

 オリックス自動車(東京都港区)は、自社開発の「移動事務所車(モバイルオフィスカー)」に、太陽光パネルを搭載した新モデルを46台導入する。商用車・トラックレンタカーサービス「オリックス トラックレンタル」全60拠点で提供すると2月28日に発表した。

 日産自動車のワゴン車「NV200」をベースに、サテライトオフィスとして使用できるように装備した特殊車両。収納可能なデスクや椅子などの事務所機能のほか、サブバッテリー(予備蓄電池)を搭載しエンジン停止時でも電力を使用できる。AV(交流)100VコンセントやUSBポートなどを備え、パソコンなどを使用できる。

 特に地方など車の移動に多くの時間を割く社員の作業効率を高めることを目的に開発し、2016年からレンタルを開始した。「働き方改革」を進める法人からのレンタルニーズの高まりを背景に、現在までに2018年対比で約2.7倍となる273台へ増車した。

 今回発表した新モデルは、屋根に出力215W/枚の太陽光パネルを設置した。走行時や外部電源に加えて、太陽光からの搭載バッテリーへの充電が可能になった。同社によると、従来モデルでのエンジン停止時のエアコン稼働時間は約1.5時間だったが、太陽光パネル搭載モデルでは約2.5時間まで可能という。

 基本料金(税別)は、従来モデルが24時間で1万9000円、太陽光パネル搭載モデルが同1万9500円。貸出期間・台数に応じて個別に見積もる。また、別途追加料金によりプリンターやスキャナー、無線LANなども提供可能。

  • 記事ランキング