ニュース

楽天、法人向け再エネメニュー、1%単位で比率設定

2020/03/20 21:19
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
REcoのサービスイメージ
(出所:楽天モバイル)
クリックすると拡大した画像が開きます

 楽天モバイル(東京都世田谷区)は3月18日、エネルギーサービス「楽天エナジー」において、法人向け再生可能エネルギー由来電力供給メニュー「REco(レコ)」を発表、同日から申し込みの受付を開始した。

 法人向け電力供給サービス「楽天でんきBusiness」の新メニュー。太陽光発電や風力発電といった再エネ由来電力や、「J-クレジット(再生可能エネルギー由来)」や「非化石証書」などの環境価値を付加した電力を供給する。

 各種電源や環境価値は自由に組み合わせられる。「RE100」「CDP」「再エネ100宣言 RE Action」などの再エネの大量導入を掲げる環境イニシアティブへの対応にも活用できる。高圧・特別高圧連系の需要家に対しては再エネ比率を1%刻みで設定できる。低圧需要家に対しては「再エネ比率100%」のみとなる。対象エリアは全国。

 楽天は、2019年12月に環境イニシアティブ「RE100」に加盟し、2025年までに自社事業活動の「再エネ100%」を目指している。また、ブロックチェーン技術を活用した環境価値売買プラットフォーム「Rakuten Energy Trading System(REts)」の運営、楽天市場の出店店舗および楽天トラベルに登録する宿泊施設の「再エネ100%」を目指す「Project R100」、スポーツ試合のCO2オフセットなどに取り組んでいる。

  • 記事ランキング