ニュース

積水ハウス、全展示場を再エネ転換、顧客の「卒FIT太陽光」で

2020/04/15 20:20
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ

 積水ハウスは4月14日、全国の住宅展示場375カ所、体験型施設「住まいの夢工場」5カ所の計380カ所について、再生可能エネルギー由来の電力を導入したと発表した。同社は、2017年10月に国際イニシアチブ「RE100」に加盟し、2040年までにグループ全体の事業用電力を再エネ100%に転換するという目標を掲げている。

 同社は、2019年11月から固定価格買取制度(FIT)の買取期間が満了した「卒FIT」住宅太陽光の顧客を対象とした余剰電力買取サービス「積水ハウスオーナーでんき」を開始した。同社製住宅の設置済み太陽光発電システムは総計700MWを超え、顧客から買い取った再エネ電力を事業用電力として活用することにより再エネ100%の達成を目指している。

 「積水ハウスオーナーでんき」の加入数は2020年3月末時点で6500件超で、同年2月の余剰電力買取量は月間673MWhに達し、全国の展示場および夢工場の電力使用量である月間620MWhを上回ったという。2月は1年の中でも比較的電力消費が多く太陽光発電の余剰電力が少ない月であることから、展示場および夢工場の使用電力を年間を通じて再エネ電気で賄えるとしている。

顧客の「卒FIT」住宅太陽光の余剰電力を買い取り、展示場などに活用する
(出所:積水ハウス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 また、「積水ハウスオーナーでんき」の加入率は、対象顧客の47%と当初予定(約20%)の2倍以上になり、今後もFIT期間満了に伴い、顧客の加入数が増加すると予想される。今後、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の積極的な促進とともに、事業所や生産拠点工場などで使用する電力についても順次再エネに転換し、再エネ100%の早期実現を目指す。

  • 記事ランキング