ニュース

福島県葛尾村、自営線マイクログリッド着工、「メガソーラー+蓄電池」で

電柱150本、総延長5kmの配電網を独自に構築

2020/04/20 15:08
金子憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

託送料金の負担なくす

 福島県葛尾村と福島発電(福島市)の出資で発足した地域新電力(小売電気事業者)である葛尾創生電力(葛尾村)は、村内でのマイクログリッド事業に使う自営線を敷設するための電柱などの設置工事に着手した。

 再生可能エネルギーを主体にしたマイクログリッド事業としては、国内で最大規模になる。

 葛尾村は、福島県北東の阿武隈山系に位置する緑豊かな高原の村。東日本大震災に伴う原発事故で帰宅困難区域に指定されたが、2016年6月に一部を除き避難指示が解除された。人口1410人のうち、約3割が帰村している。

 葛尾創生電力は、小売電気事業のほか、特定送配電事業(マイクログリッド事業)と、太陽光発電所に対するO&M(運営・保守)サービスの3つの事業を手掛けていく。村とともに出資した福島発電は、福島県などが出資する太陽光発電の事業会社。葛尾創生電力の社長は葛尾村副村長の松本弘氏、副社長は福島発電社長の鈴木精一氏が務める(図1)。

葛尾創生電力の事業イメージ
(出所:葛尾創生電力)
クリックすると拡大した画像が開きます

 3事業のうち、特定送配電事業は、「葛尾村スマートコミュニティ事業」として展開する。同村中心部でエネルギー地産地消に取り組むもので、具体的には、メガソーラー(大規模太陽光発電所)と蓄電池を新設し、自営線などで構成するマイクログリッドによる電気供給サービスを展開する。自営線を持つことで東北電力の電力系統を経由せず、託送料の負担なしで顧客にメガソーラーの電力を販売できる。

  • 記事ランキング