ニュース

いちご、笠岡市の尾坂川に水上メガソーラー稼働

2020/04/30 05:18
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
いちご笠岡尾坂池ECO発電所
(出所:いちご)
クリックすると拡大した画像が開きます

 いちごは、岡山県笠岡市に出力2.66MWの水上メガソーラー(大規模太陽光発電所)「いちご笠岡尾坂池ECO発電所」を建設し、4月25日から運転を開始した。

 一級河川高梁川水系・尾坂川の水面に太陽光パネルを7000枚浮かべた。年間発電量は、一般家庭約1110世帯分に相当する約333万6000kWhの見込み。

 太陽光パネルは中国HTソーラー製、パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウェイ製を採用した。施工はJFEプラントエンジが担当した。

 建設にあたりグリーンボンドを発行した。第3者評価機関である日本総合研究所からセカンド・オピニオンを取得し、国際資本市場協会(ICMA)の「グリーンボンド原則」および環境省の「グリーンボンドガイドライン2017年版」において適格との評価を得た。

 同発電所の稼働により、いちごグループが保有する稼働済み太陽光発電所は48件、累計出力は約144.41MWになった。また、稼働予定を含む確定案件数は64件、累計出力は187.83MWになる。

  • 記事ランキング