ニュース

リープトン、綾部市にメガソーラー、FIT単価18円

2020/05/04 00:03
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
リープトン綾部市位田町桧前発電所
(出所:リープトンエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 リープトンエナジー(神戸市)は、京都府綾部市に同社初となるメガソーラー(大規模太陽光発電所)「リープトン綾部市位田町桧前発電所」を建設し、4月23日に運転を開始した。

 原野約2万6796m2を切り開いて太陽光パネル6608枚を設置した。敷地全面に砕石を敷き、外周の土堰堤を緑化した。出力は2.1MW、年間発電量は一般家庭約518世帯分に相当する約228万kWhを見込んでいる。

 太陽光パネルはリープトンエナジー製(320W/枚)、パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウェイ製を採用した。設計はyh(横浜市)とリープトンエナジー、施工はyhが担当した。固定価格買取制度(FIT)の買取単価は18円/kWh。

 同発電所の運転開始により、リープトンエナジーが全国で稼働中の自社発電所は24カ所、合計出力は約6.6MWになった。また、現在3カ所で工事が進められている。

  • 記事ランキング