ニュース

リープトン、ベトナムのメガソーラー3案件に太陽光パネル供給

2020/05/07 21:01
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
ホーチミン市の供給サイト
(出所:リープトンエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます
ホーチミン市の供給サイト
(出所:リープトンエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 太陽光発電関連事業を手掛けるリープトンエナジー(神戸市)は4月14日、ベトナム・ホーチミン市の3カ所のメガソーラー(大規模太陽光発電)プロジェクトに合計5MWの太陽光パネルを供給し、系統連系を開始したと発表した。

 工場の屋根上太陽光発電2案件に各1MW、野立ての太陽光発電所1案件に3MWを供給した。いずれも発電した電力は売電する。野立ての太陽光発電所については引き続き太陽光パネルを供給し、年末には20MWまで拡大する計画。

 ベトナムでは急速な経済発展と人口増加に伴い、電力需要が年間8~10%の推移で増加している。また、日差しが強く好条件なことから、太陽光発電の急成長国として注目されているという。

 リープトンエナジーの太陽光パネル販売実績は、国内が88.82MW、海外が188.5MWになる。販売国は、欧州や東南アジアを中心に26カ国(2019年実績)という。

  • 記事ランキング