ニュース

TMEICのパワコン、サイト現場でスマホからトラブル対応など検索

スマホアプリをリリース、コロナ対策で現場サポートを強化

2020/05/12 10:12
金子憲治=日経BP 総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

 東芝三菱電機産業システム(TMEIC)は、同社製パワーコンディショナー(PCS)の取扱方法を確認したり、顧客が自分でトラブルへの対応方法を検索・閲覧したりできるスマートフォン向けアプリを今年4月にリリースした。

 太陽光発電所のサイト現場を担う技術者が、手持ちのスマホにインストールすれば、現場にいながら、スマホからPCSの取扱説明やトラブルが起きた場合の対応方法など容易に閲覧できる(図1)。

図1●現場でPCSの情報をスマホから入手できる(使用イメージ)
(出所:TMEIC)
クリックすると拡大した画像が開きます

 例えば、PCSの画面に表示された故障コードなどを確認し、スマホアプリの「トラブルシューティング&サポート」のサイトから、同コードを検索すると、故障の内容と推定故障箇所、対応方法が表示される。現場の技術者がこれに従って対応しても復旧しない場合、TMEICのサポート窓口に連絡するように誘導する(図2)。

図2●スマホ画面からのトラブルシューティングの流れ(イメージ)
(出所:TMEIC)
クリックすると拡大した画像が開きます

 サポートセンターの担当者とやりとりし、PCSに記録されたデータをTMEICのサポートセンターに送付する必要があると判断された場合、スマホアプリにある「メモリーカードデータの送付方法」の画面に従ってデータを送付し、TMEICの技術者が診断解析し原因を特定する、という流れになる。

 TMEICによると、従来、こうした情報は、印刷された取扱説明書を参照したり、TMEICのホームぺージにアクセスして自社PCSに必要な情報を探して閲覧するなど、適切な対応方法に行き着くまでに手間がかかることがあったという。

 今回リリースしたスマホアプリをインストールすれば、顧客の機種ごとに必要な情報や不具合時の対応方法を容易に閲覧でき、顧客自身による現場での迅速な対応が可能になるなど、トラブルシューティングが簡素化できるという。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止から、複数の技術者が現場で作業することを避ける観点からも、現場技術者がスマホから容易に必要な情報を得て、トラブル判断から復旧まで対応しやすくなるという。

   スマホアプリは、Andrid版とiPhone版があり、PlayストアもしくはAppストアから「TMPV-PCS」と検索してインストールできる(図3)。詳しくはTMEIC再生可能エネルギーシステム営業部サービスマーケティング課まで(TEL:03-3277-4496 mail: info-SMT@tmeic.co.jp)。

図3●スマホアプリのインストールとログイン手順のイメージ
(出所:TMEIC)
クリックすると拡大した画像が開きます
  • 記事ランキング