リープトン、長崎県平戸市に2カ所の太陽光発電所

2020/06/08 23:08
工藤宗介=技術ライター
リープトン長崎県田平町大久保太陽光発電所
(出所:リープトンエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます
リープトン長崎県田平町太陽光発電所
(出所:リープトンエナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 リープトンエナジー(神戸市)は、長崎県平戸市に2カ所で合計約1.3MWの太陽光発電所を建設し、6月4日に運転を開始した。2カ所合計の年間発電量は、一般家庭336世帯分に相当する約148万kWhを見込んでいる。

 「リープトン長崎県田平町太陽光発電所」は、太陽光パネルを3224枚設置し、出力は1.03MW。「リープトン長崎県田平町大久保太陽光発電所」は、太陽光パネルを884枚設置し、出力は282.88kW。いずれも固定価格買取制度(FIT)による売電単価は18円/kWh。

 両発電所とも太陽光パネルはリープトンエナジー製(320W/枚)、パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウェイ製を採用した。設計はリープトンエナジーが自社で行った。施工事業者は非公表。

 これらの運転が開始したことにより、リープトンエナジーが全国で稼働中の自社発電所は26カ所、合計出力は約7.9MWになった。また、出力1MW以上のメガソーラー(大規模太陽光発電所)は2件目となる。