ニュース

停電中に使える機器を表示、太陽光と蓄電池で「停電レス」

2020/06/17 20:45
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
停電レスシミュレーターの入力画面
(出所:エクソル)
クリックすると拡大した画像が開きます
停電レスシミュレーターの結果画面
(出所:エクソル)
クリックすると拡大した画像が開きます

 エクソル(京都市)は6月16日、停電時に太陽光発電システムと蓄電池で電気製品をどのくらい使えるか試算できる「停電レスシミュレーター」を公開した。同社Webサイトから無料で利用できる。

 主に同社製品「レジリエンスパック」を導入済み、または導入を検討しているユーザーを想定したサービス。レジリエンスパックは、太陽光発電システムと蓄電池をセットにした製品で、太陽光の電力を蓄電池に貯めておくことで「停電レス(停電なし)」の家を実現するとしている。太陽光パネルの枚数と蓄電池容量に応じて3種類のモデルが選べる。

 「停電レスシミュレーター」では、停電期間を10日間と想定し、太陽光発電と蓄電池で12種類の電気機器をいつ、どのくらい使えるのかを試算する。都道府県、レジリエンスパックのモデル、停電時に使用したい機器、停電中の天候パターンを設定することで、2分程度でシミュレーション結果が出るという。

 シミュレーション結果では、10日間のうちどれくらい停電を意識せずに生活できるかを示すほか、選択した機器が停電中に何日間どの時間帯に使用できるかを表示する。また、太陽光で発電した電気を貯める蓄電池の残量も表示される。

 太陽光パネルの枚数は手動で変更でき、同社製品ユーザー以外にも対応できる(蓄電池はレジリエンスパックのモデル選択のみ)。同社では、太陽光と蓄電池を設置する前の参考にしたり、停電中に実際に使える電気製品を判断するのに活用できるとしている。

  • 記事ランキング