ニュース

クレーン事業の大京建機、風力発電の保守事業に参入

2020/08/27 20:04
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
クレーンを用いた風力発電設備のメンテナンスの様子
(出所:大京建機)
クリックすると拡大した画像が開きます

 クレーン事業の大京建機(東京都大田区)は8月26日、風力発電のメンテナンス事業に参入すると発表した。デンマークの大手風力発電設備メーカーであるVestas Wind Systemsの日本法人ベスタス・ジャパン(東京都港区)の下請け登録会社となる。

 同社は、オールテレーンクレーン15台、ラフテレーンクレーン66台など多種多様なクレーン機種および80人のオペレーターを抱え、さまざまな大規模建設工事での実績がある。また、クレーンのレンタルや輸出入なども手掛ける。

 これまでの実績で蓄積されたノウハウと安全管理の経験、高い専門性や技術を活用し、ベスタス・ジャパンの風力発電設備の新設工事とメンテナンス(運用・保守)を請け負う。

  • 記事ランキング