ニュース

大和ハウス、工場の電力をメガソーラー由来に切り替え

2020/09/17 19:12
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
大和ハウス工業の再エネ電力切り替えスキーム
(出所:大和ハウス工業)
クリックすると拡大した画像が開きます

 大和ハウス工業は9月10日、自社工場で使用する電力を同社グループが運営・管理する施設で発電した再生可能エネルギー電力に切り替えると発表した。発電から供給、利用まで再エネによる自給自足を実現するという。

 先ずは全国9工場のうち新潟工場、中部工場、三重工場、奈良工場の4工場について10月から順次再エネに転換する。4工場の切り替え電力量は年間約1万5000MWhとなり、CO2排出量を年間約7400t削減できる見込み。

 大和エネルギー(大阪市)が運営する出力約2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「DREAM Solar 奈良工場」、大和リース(大阪市)が運営する発電約21MW(連系出力約17MW)の「DREAM Solar 和歌山市」などからの電力を、トラッキング付き非化石証書を付加して供給する。

 「DREAM Solar和歌山市」は、同市の加太地域にある関西国際空港土砂採取事業跡地に太陽光パネル8万4000枚を設置した。年間発電量は、一般家庭約4980世帯分に相当する約2357万8000kWhを見込む。

 太陽光パネルは東芝製、パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用。設計・施工は大和ハウス工業、維持・管理は大和ハウス工業グループのマンション管理会社である、大和ライフネクスト(東京都港区)が担当した。

 大和ハウスは、2016年7月に環境負荷ゼロに挑戦する長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」を策定。2018年3月には国際イニシアティブ「RE100」に加盟した。工場や事業所などの使用電力切り替えにより、同社グループの再エネ電力使用量は、2019年度の1415MWh(再エネ率0.3%)から、2021年度には5万1500MWh(同11%)となり、2040年度には再エネ100%とする予定。

  • 記事ランキング