ニュース

福島県浪江町に60MWのメガソーラー完成、三菱総研が農業支援も(page 3)

維持管理に町民が参加し、雇用創出と帰町機会の提供も

2020/09/29 17:06
金子憲治=日経BP総合研究所 クリーンテックラボ
印刷用ページ

除草作業で町に帰る機会を

 メガソーラー完成後の運営・管理に関しては、アセットマネジメントは、三菱総研グループのMRIリサーチアソシエイツと三菱UFJリースグループのMULエナジーインベストメントが共同して担う。

 地元企業・住民による維持管理の一部を委託することで雇用を創出する。除草作業を町外に避難している町民にも委託し、定期的に町に集まる機会を提供することも予定している。谷津田地区には370世帯が生活していたが、その多くが現在も町外で暮らしている。同地区では除草作業に合わせてイベントなどの企画も検討しているという。

 こうした町民による除草作業も想定し、「浪江谷津田復興ソーラー発電所」では、除草作業の負担が大きい太陽光パネル下などは、防草シートを施工し、比較的、平坦なエリアに限定して機械で草を刈るように設計したという(図4)。

図4●パネルの下には防草シートを敷設した
図4●パネルの下には防草シートを敷設した
(出所:三菱総合研究所)
クリックすると拡大した画像が開きます

 浪江町では、芙蓉総合リースの子会社である合同会社浪江酒井ソーラーが谷津田地区に隣接する酒井地区に合計約60MWの2つのメガソーラーを建設し、2020年2月に商業運転を開始している。

  • 記事ランキング