ニュース

「マグナス風車」、台風4号で発電、運用可能な最大風速を更新

2020/10/03 21:52
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
石垣島に設置しているマグナス風車実証試験機
(出所:チャレナジー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 小型風力ベンチャーのチャレナジー(東京都墨田区)は10月1日、沖縄県石垣島に設置した「垂直軸型マグナス式風力発電機」(マグナス風車)実証試験機が、今年8月の台風4号での発電に成功し、発電可能な最大瞬間風速の記録を30.4m/sに更新したと発表した。

 同社が開発するマグナス風車は、円筒の回転で発生するマグナス力を利用した風力発電機で、台風などの強風下でも風向・風速に左右されずに発電できるのが特徴。一般的な風力発電設備では破損や故障のリスクのため稼働を停止させる風速25m/s以上でも安定的に発電できるという。

 実証試験機は、2018年8月の稼働から2年間にわたって台風など自然条件下でのデータ収集、性能向上を目的とした構造の変更や制御を最適化してきた。発電可能な上限風速は技術上40m/sだが、これまで実証試験機での記録は、2018年10月の台風25号時に記録した最大瞬間風速24m/sだった。

 台風4号は、8月1日に沖縄の南海上で発生。石垣島地方は2日12時ごろに強風域、3日2時頃には暴風域に入った。石垣市登野城で最大瞬間風速36.4m/sを記録し、道路の冠水や800戸近い停電が発生した。今回の台風4号で得られたデータはさらなる性能の向上、安全性の確立、メンテナンス性の拡充に活用していく。

  • 記事ランキング