ニュース

「ロイヤルプロ」がZEB店舗、屋根上太陽光を自家消費

2020/11/13 00:30
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
ロイヤルプロ藤沢並木台
(出所:ロイヤルホームセンター)
クリックすると拡大した画像が開きます
屋上に設置した太陽光パネル
クリックすると拡大した画像が開きます
屋上に設置した太陽光パネル
(出所:ロイヤルホームセンター)
クリックすると拡大した画像が開きます

 大和ハウス工業の子会社であるロイヤルホームセンター(大阪市)は、神奈川県藤沢市にZEB(ネット・ゼロエネルギー・ビル)の実証店舗「ロイヤルプロ藤沢並木台」を11月5日にオープンした。

 屋上に出力51.8kWの太陽光発電システムを搭載し、発電した電力を自家消費する。災害など停電時は、太陽光設備の非常用コンセントから最低限の電力を供給できる。太陽光パネルはカナディアン・ソーラー製、パワーコンディショナー(PCS)は新電元工業製を採用した。

 パッシブコントロールとして、外壁と屋根には断熱性の高いグラスウール断熱材を使用した。開口部を最小限に設計し壁面緑化などを取り入れた。また、アクティブコントロールとして、エネルギー効率の高い空調設備やLED照明を全面的に採用した。

 BEMS(ビルエネルギー管理システム)を活用し、最適に制御する。大幅なエネルギー消費が発生しそうな場合、自動的に空調負荷を抑制するなどの制御も行う。年間の一次エネルギー消費量を約76%削減し、ZEB Ready認証を取得した。

 同社は、ZEBの実現・普及に取り組む「ZEBリーディング・オーナー」に登録しており、ZEB実証店舗の展開を進めている。職方に特化した品揃えのプロ業態店舗のロイヤルプロでは初のZEB実証店舗となる。鉄骨造平屋建て、延床面積は2199.84m2。

  • 記事ランキング