ニュース

ダイヤモンドエレがRE100、国内Tier1自動車部品メーカーで初

2020/12/10 22:32
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
ダイヤモンドエレクトリックホールディングスのホームページ
(出所:ダイヤモンドエレクトリックホールディングス)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ダイヤモンドエレクトリックホールディングスは12月1日、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目標とする国際イニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。2050年までにグローバルで使用する電力を100%再エネに転換するとともにCO2排出ゼロのものづくりを目指す。

 同社グループは、点火コイルやハイブリッド車用コンバーターなどの自動車機器、エアコン制御ユニットなどの電子機器の製造販売を手掛け、国内だけでなく欧米やアジアなど海外に広く製造販売拠点を持つ。また、グループ会社の田淵電機(大阪市)は、太陽光発電用パワーコンディショナー(PCS)を製造販売する。

 RE100加盟企業数は2020年12月現在、グローバルで269社、日本企業は同社を含め43社になる。同社グループによると、日本のTier1の独立資本系の自動車機器・エネルギー機器メーカーとしては初めてのRE100加盟になるという。

  • 記事ランキング