ニュース

Jパワー、岩手県葛巻町に44MWの風力稼働、2MW級を22基

2020/12/16 11:06
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
くずまき第二風力発電所
(出所:Jパワー)
クリックすると拡大した画像が開きます

 電源開発(Jパワー)は12月10日、岩手県葛巻町に陸上風力発電設備「くずまき第二風力発電所」を建設し、同日から運転を開始したと発表した。

 出力は44.6MWで、単機出力2MWの風車を16基、同2.1MWの風車を6基設置した。風力発電設備は日立製作所製で、据え付けも同社が担当した。事業主体は、同社100%子会社のジェイウインドくずまき(東京都中央区)。発電した電力は東北電力に全量売電する。固定価格買取制度(FIT)による売電単価は22円/kWh。

 同社の風力発電所としては、出力21MWの「グリーンパワーくずまき風力発電所」に続く岩手県内で2カ所目となる。国内全体では25カ所目、総出力は575.16MWになった。建設中1カ所を加えると合計616.692MWになる。

 同社の風力発電事業は、2000年の「苫前ウインビラ発電所」(北海道苫前町)の運転開始から20年の実績がある。今後、新規建設とともに高経年化の進んだ発電所のリプレースにも取り組んでいく。

  • 記事ランキング