「最安値保証」除草サービス、地域限定20円/m2以下

2021/01/09 20:47
工藤宗介=技術ライター
冬になっても枯れ落ちない雑草の事例
(出所:Energy Creation)
クリックすると拡大した画像が開きます

 エネルギーベンチャーのEnergy Creation(東京都港区)は1月6日、鹿児島県において「最安値保証」の太陽光発電所向け除草サービスを提供すると発表した。3月末までの期間限定で実施するという。

 2020年は梅雨の長雨の影響などにより例年になく雑草が成長し、太陽光発電所でもシステム効率の低下や設備故障の原因となる事象が発生している。例年であれば春から夏に年1回で済んでいた除草作業が、秋以降にもう1度必要になった発電所が数多くあったという。

 また、固定価格買取制度(FIT)では「適切な保守点検・維持管理に係る体制整備および実施」が義務付けられており、適切な除草やメンテナンスが行われていない場合は認定取り消しとなる場合もある。今回、夏以降に除草できなかった太陽光発電所に対して「最安値保証」で除草サービスを提供する。

 メンテナンス事業者に発注した際の請求書や見積書などを提示することで、より安価な価格で除草サービスを提供する。同社によると、除草サービスの平均的な相場は1m2当たり25~50円程度(草丈や設置状況により変動)であるが、今回のキャンペーンではさらに低い20円以下でも受注していく予定という。

 一般的に小規模発電所では除草サービス料金に基本料金が加算されるが、今回のキャンペーンは除草面積に関わらず基本料金は発生しない。指宿市、南九州市、枕崎市、鹿児島市では基本料金なし、それ以外のエリアでは交通費の実費負担のみでサービスを提供する。なお、施工日の指定はできない。

 3月末までに30件程度の受注を目指す。キャンペーン終了後は、今回を起点に年間の除草計画(必要に応じて除草剤の使用)を提案し、安定した維持管理を提供していく。