ニュース

「NAS電池+太陽光」のオンサイトPPA、日本ガイシとネクストが検討

2021/03/05 18:10
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
新規サービスの活用イメージ
(出所:日本ガイシ、ネクストエナジー・アンド・リソース)
クリックすると拡大した画像が開きます

 日本ガイシとネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は3月4日、電力貯蔵用NAS(ナトリウム硫黄)電池と太陽光発電を組み合わせたオンサイト型PPA(電力購入契約)スキームによる電力供給サービスの検討に関する合意書を締結したと発表した。今夏のサービス開始を目標に検討を進めていく。

 両社は今後、日本ガイシの大容量NAS電池と、ネクストエナジーの太陽光発電設備および太陽光発電に関する技術やノウハウを組み合わせることで、工場など電力需要家のエネルギーコスト削減とCO2削減を両立する新サービスの提供を目指す。

 第三者所有モデルによるオンサイト型PPAサービスを展開するエネルギー供給事業者(小売電気事業者)向けに、NAS電池と太陽光発電設備をパッケージにしたシステムを一括提供する。パッケージ化により、エネルギー供給事業者のシステム全体の導入コストを削減する。

 電力需要家は、設備を所有することなく、太陽光からの電力によりエネルギーコストとCO2排出量を削減し企業価値を高めることができる。また、BCP(事業継続計画)対策として、停電時にはNAS電池からの電力供給により事業継続が可能になる。

  • 記事ランキング