ENEOSとトヨタ、裾野市の実証都市で水素利用

2021/05/11 23:01
工藤宗介=技術ライター
実証都市「Woven City」での水素利用で協業する
実証都市「Woven City」での水素利用で協業する
(出所:ENEOS)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ENEOSとトヨタ自動車は、トヨタが静岡県裾野市で建設を進める実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」での水素利用について具体的に検討する。両社は5月10日に基本合意したと発表した。ENEOSは、「Woven City」近隣に水素ステーションを建設し、2023年度に営業を開始する計画。

 水素ステーションに設置した水電解装置を用いて再生可能エネルギー由来の水素を製造し、Woven Cityに供給する。トヨタは、Woven City内に定置式燃料電池システムを設置し、発電してグリーン電力として利用する。

 また、Woven Cityおよび近隣に燃料電池を搭載した物流車両を導入するとともに、同車両を中心とした水素需要の原単位の検証および需給管理システムを構築する。このほかにも、敷地内に設置予定の実証拠点における水素供給に関する先端技術を研究する。

 ENEOSは、四大都市圏に商用水素ステーションを45カ所展開するほか、本格的な水素の大量消費社会を見据えCO2フリー水素のサプライチェーン構築や水素製造に関する技術開発に取り組んでいる。トヨタは、水素を将来の有力なクリーンエネルギーと位置付け、乗用車から商用車、産業車両、鉄道、船舶、定置式発電までさまざまな用途での水素および燃料電池技術の開発・普及に取り組んでいる。

 Woven Cityは、2020年に閉鎖したトヨタ東富士工場跡地を利用し、あらゆるモノやサービスがつながる「コネクテッド・シティ」として開発を進めている。人が生活するリアルな環境のもとで自動運転、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術などを導入・検証する。